燃費が良くなる方法

オイル交換で燃費アップ

エンジンオイルは燃費アップのために注意して観察してほしいものの一つなのです。

 

メンテナンスの際にも注意しましょう。

 

エンジンオイルというのは、放置しておくとどんどん汚れてしまうものです。

 

この状態では燃費アップは期待できず、走行できる距離が短くなってしまいます。

 

これは、エンジンの潤滑能力が低下してしまうのが原因で、エンジンを動かすのに強いエネルギーが必要になってしまう為です。

 

更にエンジンを冷却する働きもあります。

 

あまり走る距離が多くないからといって考えない人がいますが、燃費アップを目指すのであれば、最低でも半年に一度は交換するように心がけてください。

 

滅多に走らないくらいの使用頻度でも、空気と触れることで酸化することを覚えておいてください。

 

エンジンオイルの交換をプロに頼む場合、いろいろな種類を勧められます。

 

よく解らないままにスタッフがお勧めする高いものを頼んでしまう人もいるかもしれませんが、定期的に交換するのであれば、そんなに高いものを頼む必要はないでしょう。

 

もちろん高いものであればその分耐久性が良くなったりはしますが、必ずしも高いエンジンオイルに交換しないと燃費アップが出来ないというものではありません。

 

かなりの種類があるので、まずはインターネットなどを使ってどのオイルがどんな性能であるのか、走行距離に変化はあるのかなどを調べてみるといいでしょう。

 

燃費アップを考えるのであれば3,000キロ走ったら交換するのを目安に考えてみてください。

オイル交換で燃費アップ関連エントリー


車やバイクの燃費をよくする方法を教えます

Copyright (C) 2010 燃費をアップさせる裏技 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

オイル交換で燃費アップ