燃費が良くなる方法

空気抵抗と燃費アップの関係

燃費アップを考えるうえで、空気抵抗もとても大事な条件であることはご存知でしょうか。

 

正直な話、大半の車にかかる空気抵抗というのは、その車に乗ることを選択した時点で決められてしまうので、自分の車で出来ることをするしか無いのです。

 

車はあまり空気抵抗の影響を受けないと考える人もいますが、向かい風に向かって走るのと追い風に向かって走ることを想像すれば、どちらが燃費アップに繋がるのか解るでしょう。

 

ルーフキャリアを使っている人は、車内に置いておくことが出来ないのかを考えてみてください。

 

車の外に物が出ているということは、その分空気抵抗が大きくなり、燃費アップに繋がらないのです。

 

普段の運転でも、あまり高速を出さないようにしましょう。

 

高速道路を含め、燃費アップを考えるうえでは80キロ出したら限界とされています。

 

それ以上のスピードで走る場合は、どうしても大きな空気抵抗の影響を受けてしまうのです。

 

スピードを低く保つということは安全性も高くなりますが、後ろの車の迷惑にならないスピードを心がけた方が良いでしょう。

 

逆に言えば、後ろの車の迷惑にならない程度の出来るだけ早くないスピードを出すことが燃費アップに繋がるということになるのです。

 

それから、走行中に窓を開けて走ると、窓を空けない時に比べて多くのエネルギーを必要とすることも覚えておきましょう。

 

特にスピードが出ている時には、ちょっと窓を開けていただけでも閉めている時に比べて燃料を必要とします。

空気抵抗と燃費アップの関係関連エントリー


車やバイクの燃費をよくする方法を教えます

Copyright (C) 2010 燃費をアップさせる裏技 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

空気抵抗と燃費アップの関係